自動車部品・用品/印紙販売/ETCセットアップ/自賠責保険加入 他

京都府自動車整備商工組合

075-681-9757

営業時間 8:45~17:00(土日祝を除く)

外国人技能実習制度

外国人技能実習制度の展開

京都府自動車整備商工組合では、国際協力及び国際貢献の一環として、
カンボジア人技能実習生の受け入れを支援します。

外国人技能実習制度とは

国際貢献のため、開発途上国の外国人を日本で一定期間(最長5年)に限り受け入れ、仕事を通じて技能を移転する制度。
新しい在留資格「特定技能」に移行することで、最長10年の在留が可能になります。

外国人技能実習生受け入れのメリット

  • 人材の確保

    期間内は、向上意識の高い技能実習生の力を借りることができます。
    外国人技能実習制度を上手に取り入れることで、活発な営業展開から業績向上・利益向上 に結びつくことも大いに可能です。

  • 採用リスクの軽減

    日本人を採用しようとしても、自動車業界では有効求人倍率がとても高くなっています。合わせて、定着率や退職率が悪化しているのが現状です。
    実習生を採用することで、期間は限定的ですが、確実に力を借りることが可能です。また、実習生は現地で最低2年以上の自動車整備教育を受けており、自動車への興味・関心が共に高く、スムーズに実習に移行することが可能です。

  • 前向きな人材により社内の活性化

    実習生は日本の技術を習得することが目的のため、仕事に対する意識が高く、その姿勢に触れた既存のスタッフに良い刺激となります。
    また技能実習生に対し積極的に話しかけたり指導を行う環境が生まれやすく、スタッフ間の意識改革、コミュニケーションの増加など活性化することが多いです。

外国人技能実習生受け入れの流れ

  • 申し込み

    まずはお問い合わせの上、お申し込みをしていただきます。
    年齢や志望動機など受け入れる人材に対する希望をお聞かせいただき、送り出し可能な人材を募集します。

  • 採用者の選定

    送り出し機関にて、事前にきめ細やかなスクリーニングを実施し、面接会参加者を決定。
    現地面接にて、採用者を選んでいただきます。

  • 入国・講習

    入国に必要な手続き、日本語の教育、整備に関する教育を送り出し機関にて行います。
    並行して、日本側でも入国に必要な書類作成業務に入ります。

  • 実習生受け入れ・実習

    受け入れを行っていただき技能実習を開始していただきます。
    受入企業と技能実習生は労働基準法に沿って雇用契約を結ぶこととなります。

  • ピアリャ君(左から2番目)、ソテア君(右から2番目)

  • 左から パナットさん、サムバットさん、パニットさん

  • 歓迎会の様子

実習生の日常はこちら

お問い合せ

実習生の紹介に関するお問い合わせはお電話またはフォームより承っております。

075-681-9757

営業時間 8:45~17:00(土日祝を除く)

INFORMATIONお役立ち情報